髄膜炎

髄膜炎とは?

髄膜炎 は,髄膜に何らかの病原体が侵入して炎症を生じたり,アレルギー機序のために起こることがあります。細菌が検出されると 細菌性(化膿性)髄膜炎 と呼ばれ,細菌が検出されないときは無菌性髄膜炎といわれます。無菌性髄膜炎の大部分は ウイルス性髄膜炎 ですが,ウイルスが同定できないことの方がおおく,原因不明の髄膜炎ということになります。真菌性, 結核性 ,癌性髄膜炎などの頻度は決して多いものではありません。 「髄膜炎の臨床」より

 


髄膜炎の臨床PDF綾部 光芳久留米大学医学部内科学講座
呼吸器・神経・膠原病内科部門
准教授

髄膜炎の原因、症状、髄液所見、治療 などについて、図表を用いた分かりやすい解説です。
「脳炎・脳症」で検索して来られた方もご覧ください。

2011 福岡集会

脳のしくみについて

▲ page top