結核性髄膜炎 - 後遺症・リハビリ

 結核菌の感染によって生じる髄膜炎で、現在でも死亡率の高い病気です。約2週間の経過で頭痛、発熱、意識障害が進行し、 失明、難聴、水頭症(すいとうしょう) などの重い後遺症を残すことが多い難治性疾患で、早期に適切な治療が必要です。 結核性髄膜炎<感染症> - gooヘルスケア より )

みなさんからの情報

BOZ 家族|41歳(2年前)発症|2006年のおたより 運動麻痺・失調、視覚障害、排尿障害 後遺症の原因が「結核性髄膜炎」や「散在性脳脊髄炎」によるものなのか「薬害」によるものなのかはわかりません。結果として「両下肢の不随」「視覚障害」「排尿障害」等に苦しんでいます。 → 続き
ぽち 本人|24歳(24年前)・36歳発症|2005-09年のおたより 視覚障害、症候性てんかん 後遺症は人それぞれだと思いますが、発症以来、複視は丸24年、嘔吐感の発作は12年抱えています。 複視は現在コントロールされ、ほとんど不自由はありません。嘔吐感の発作も裾野の広い山のようで、前兆を察知して終息するまでが1分~2分間、ピークの時間は15秒くらいです。前兆とは予知ではなく、実際に発作の始まりです。就寝中の明け方に頻発していました。
→ 続き
ちこ 本人|30代(2年前)発症|2003年の体験記 平衡機能障害、排尿障害 前庭機能障害は、抗結核薬ストレプトマイシンの副作用のようです。耳に水を入れて眼振をみる検査で、内耳の三半規管が両方ともダメになっていることがわかりました。いつも視界が揺れていて浮遊感があり、重力に引かれて体のバランスがとりにくいのです。歩くと景色が上下左右に激しく揺れ、物がはっきり見えませんでした。フラフラして、歩き方は酔っ払いのようでした。
→ 続き
▲ page top