細菌性髄膜炎 - News

ワクチン効果か 細菌性髄膜炎の患者半減

(2012年5月24日 nikkansports.comより)
子どもの細菌性髄膜炎を予防するインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンの公費接種が広がった2011年に、ヒブ感染により髄膜炎になった0~4歳の患者発生率が、その前3年間の平均と比べて半減したことが、厚生労働省研究班の調査で24日までに分かった。
ワクチンの公費助成が同時に始まった肺炎球菌による髄膜炎も、11年は同じく25%減少した。
主任研究者の庵原俊昭・国立病院機構三重病院長は「公費助成によるワクチンの普及が成果を出しつつあるとみてよい」と話している。
両ワクチンの公費助成は10年11月から本年度末までの時限措置。厚労省は13年度から、原則無料の定期接種にする方針で財源の調整や予防接種法改正の準備を進めており、こうした政策の実現を後押ししそうだ。
細菌性髄膜炎の主な症状は発熱だが、治療が遅れると死亡したり、発達障害などの重い後遺症があったりする。乳幼児ではヒブが原因となるのは50~60%、肺炎球菌は25%程度と、患者の大半を占めるとされ、両ワクチンの普及で、子どもにとって深刻な感染症の大幅抑制につながる可能性を示した。
調査対象は北海道、福島、新潟、千葉、三重、岡山、高知、福岡、鹿児島、沖縄の10道県。小児科の入院施設のある病院から、患者の報告を集めて分析した。
08年から10年の3年間に、5歳未満のヒブ感染による髄膜炎の患者発生率は、10万人当たり7・1~8・3人(平均7・7人)だったが、11年は3・3人と約57%減少した。また肺炎や関節炎など、ヒブが原因のほかの病気の発生率も約45%減った。
肺炎球菌による髄膜炎の発生率は、3年平均の10万人当たり2・8人から、11年は2・1人となった。
研究班は今後接種率などを詳しく検討し、継続して効果を調べる。

◆細菌性髄膜炎 脳や脊髄を包む髄膜や、その内側を満たす髄液に細菌が侵入し、増殖して発熱などを引き起こす病気。乳幼児に多い。診断が難しく、治療が遅れると患者の1割程度に発達障害などの重い後遺症が出る。乳幼児の患者を原因別にみると、インフルエンザ菌b型(ヒブ)が年間400例、肺炎球菌が150例。死亡率は数%とされる。ヒブワクチンが2008年12月に、小児用肺炎球菌ワクチンが10年2月にそれぞれ発売された。両方とも自費接種だったが、10年11月から0~4歳児を対象に時限的な公費助成がスタート。市区町村によって無料か一部の自己負担で受けられるようになり、接種が広がった。(共同)

▲ page top