細菌性髄膜炎 - 後遺症・リハビリ

最も多い後遺症(合併症)は、 聴覚障害、硬膜下水腫(血腫)、発達障害 です。

みなさんからの情報

るい 本人|43歳(2年前)発症|2013年のおたより|近畿地方在住 平衡機能障害、聴覚障害、痺れ

約2年前に発症し、搬送された病院で3日間意識がなく、リハビリ病院を含め5か月入院しました。 後遺症として、耳が聴こえにくく、右半身がしびれ、平衡感覚がにぶいです。 意識を回復した時点では、全く聴こえなかった耳は少しは回復し、自分の声や、人の声などは聴こえるようになってきましたが、まだ半分ぐらい聴こえないので、会話に困ったりします。 → 続き

なつママ 家族|生後2日(7ヵ月前)発症(B群連鎖球菌)|2012-13年のおたより 病気から半年をすぎ、先日確認のためMRIを撮りました。 結果は異常なしでした。 先生からは、発達も順調だし髄膜炎の影響は心配しなくて良いだろう、と言われました。 病気後、一番嬉しい言葉でした。 → 続き
まるまる 家族|1ヵ月前発症(肺炎球菌)|2012年のおたより 夫が肺炎球菌髄膜炎になり入院しました。3週間経過、抗生剤のおかげで菌はなくなったそうですが、後遺症で頭と体に炎症がひどいとのことで、先週は目をあけて視線をあわせることができたのですが、今は眠ったようになっています。体力が落ちてきているようで、非常に心配です。植物状態までいかなくとも、意識が回復され例はあると聞きました。このような例はを教えていただけないでしょうか?また、人工呼吸を最終手段として用いるか聞かれています。現在、意識がなく呼吸器で苦しむようにも思えないのですが、そのままにするのがよいのか?少しでも望みを捨てないで人工呼吸もお願いしたほうがよいのか?ご経験があればぜひ教えてください。
ポピンズ 家族|2歳(11年前)発症(肺炎球菌)|2011年のおたより 発症後:オムツに逆戻り 歩けない 話せない 自分で食べられない
退院後:多動になる 話せない 免疫力低下→高熱
→ 続き
ヤスー 本人|36歳(19年前)発症 |2009年のおたより 排尿障害 私は約3ヵ月入院しました。退院して仕事にも復帰しましたが、1ヵ月ほどすぎたころから尿漏れが始まり仕事中でもでるので始めはパットでしのいでいましたが、最近漏れの量も多くなってきたのでオムツにかえました。夜の方もオムツにしています。私の妻も病気の後遺症だからしょうがないといってくれます。
さちえ 家族|53歳(2年前)発症|2006年のおたより 平衡機能障害、聴覚障害 入院時は本人自身、何で起きれないか歩けないのか分からなかったのが、退院してから頭がふらつき体に力が入らないため歩けない事が自覚出来る様になりましたが、6ヵ月のリハビリを経てもあまり改善されず現在に至ってます。 主人の後遺症は聴覚障害〔左全廃、右30dB〕、平衡機能障害による歩行不能です。 → 続き
みーぱ 家族|生後9ヵ月(1年前)発症 (肺炎球菌) |2005-06年のおたより 聴覚障害、運動障害 1ヵ月半が経った頃には何とか寝返りができるようにまでなりましたが、ABRの検査で難聴が発覚し、後遺症が残ってしまいました。右が中度、左が聾状態でまったく聞こえていない状態でした。 退院して1年が経とうとしています。娘はもうすぐ2歳になりますがフェノバールという薬を飲み続けていて、補聴器をつけています。歩き方はだいぶ上手になりましたが、ふらふらしたりすることもあります。言葉は少しでますが、上手にはでてきません。聞く分にはある程度理解はしているようです。→ 続き
*「ABR」については、「きこえとことばの発達相談室」におじゃましてください。
(管理人より)
MK 本人|20代(3週間前)発症 |2005年のおたより 平衡機能障害、頭痛、首・背中痛 抗生剤がうまくあったようで、髄膜炎はほぼ完治し退院したのですが、平衡感覚がなく運転もまだできず、頭痛や肩や首が張るような症状のため仕事に復帰できずにいます。医師には脳に異常はないからとは言われているのですが、今の状況に不安な気持ちがありました。でも、このサイトで、同じような後遺症の方もいると知り、焦らずに治していくしかないのかなぁと今は思っています。
ひろえ 家族|1歳4ヵ月(1年前)発症|2005年のおたより 聴覚障害、運動障害 家の子は細菌性髄膜炎になり入院し、その後、中大脳動脈部の脳梗塞を起こし左片麻痺状態です。又右側の耳が全く聞こえなくなって私からの問いかけもポーっとしていることが多くなりました。 現在はリハビリに通ったり、発育センターで指導を受けたりと毎日忙しい生活を送っていますが、これからこの子はどうなってしまうんだろうと考えると不安になることもあります。
まめ 家族|生後5ヵ月発症|2005年のおたより 硬膜下水腫 CTとMRIの検査で硬膜下水腫の後遺症があることが分かりました。ただ、脳が圧迫されないならそのまま様子を見ることになりました。しかしながら、先日ミルクを喜んで飲んでいたのですが吐いてしまい、また大泉門が再び腫れていました。水腫が大きくなっているのがCTで判ったので、急遽チューブを硬膜の下まで挿入して溜まった水(脳脊髄液)を抜くことにしました。現在もチューブはつけたままですが、今日撮ったCTを確認すると水腫が小さくなっているようには見えないとの事でした。このままではシャントだそうです。→ 続き
生まれる前に 本人|27年前発症|2004年のおたより 水頭症 僕は今27歳で見た目元気に暮らしてますが、生後すぐに髄膜炎の後遺症で水頭症となり未だに頭にはシャント(頭内の水圧を一定にする簡単な器械)が入っています。髄膜炎は母の胎内で僕が敗血症になった為に罹りました。その時同時に、心不全にも罹っています。なぜ、母の胎内で敗血症になったのかといいますと、出産時の担当医が自然分娩にこだわり、難産でなかなか産めない母に、夜中まで陣痛を続けさせ、生めなかったら睡眠薬を飲ませて次の日に持ち越すなどという方法をとったからです。それが3日間に渡り続いた為、僕は敗血症になり、脳にまで菌がまわっている状態で生まれました。それでも医師を訴えたりせず、僕の療育に専念してくれました。
さいた 家族|生後7ヵ月(3ヵ月前)発症 (Hib) |2003年のおたより 聴覚障害、脳発達障害 念のため聴力検査をしてもらいました。 結果、左耳の反応が少し弱いことが分かり、もう一度違う方法で検査することになりました。私の呼びかけにはちゃんと振り向いてくれるので、何もなければ良いのですが・・・。
↓ 8ヵ月後
CT検査の結果、頭の水がきれいに吸収されたこと、左耳難聴も言葉がでてきているので心配ないとのことで通院が終了しました。
↓ 1年後
息子も歩いたのが1才5ヵ月、言葉もゆっくりでした。でも難聴の疑いで通っていた耳鼻科の先生に、「まだパンしか言えません」って言ったら先生自身も3才過ぎて一言も喋らなかったので親に病院に連れて行かれたけど何ともなっかたのよ!って笑って言ってくれたことがあります。 今や松健サンバを歌って踊り、おしゃべりな息子のせいで周りに私の行動が筒抜けです・・・(笑)
硬膜下血腫 うちの子は「硬膜下血腫」(頭に血が溜まる)という合併症になり手術しました。最初は水が溜まり、量が増えるようなら抜かなければと言われてましたが、退院後一ヵ月してから血に変わってることが分かったんです。医者の話では確率20%くらいの人に起こる合併症であると言われました。
かいなぎママ 家族|生後7ヵ月(1年半前)発症|2003年のおたより 運動障害 私の娘が細菌性髄膜炎にかかり脳炎もおこしました。 家の娘は右脳にダメージを受け、左の手足の麻痺が残りました。ほかにもてんかんの疑いも捨てきれず、現在は抗痙攣薬の服用や、手足のリハビリを続けています。 でも、本当に子供の回復力って凄いんです。 本当に子供ってすごい。 全く動かなかった娘の左手足は、今は足を引きずりながらも1人で歩けるようになり、手は右手の補助的な動きならするようになってきました。一見すると、他の子と何ら変わらなく見えるようにまで回復してきました。
娘の小児科の主治医の先生は、研修医時代に、生後2日目に脳梗塞を起こした男の赤ちゃんが、脳の70%にダメージを受けながらも、その後、後遺症をほとんど残さず、成長していくのを見たそうです。子供ってすごいんだなあとその時に本当に感じたとおっしゃっていました。 お子さんの回復力、可能性を信じてがんばっていきましょうね。大丈夫です。
kiko 家族|44歳発症|2003-04年のおたより 聴覚障害 後遺症で両耳が難聴になってしまいましたが、補聴器でなんとか会話もできます。 これから社会復帰に向かってまだ苦難はあるのでしょうが、退院と言う言葉を聞き一安心しています。
→ 続き
▲ page top