細菌性髄膜炎とは?

発熱、激しい頭痛、悪寒(おかん)などが現れ、一般的に発症後24時間で病変はピークに達するので、早期診断、早期加療がポイントになります。急性化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん)とも呼ばれます。

乳幼児によく起こりますが、年齢によって起因菌が異なります。3カ月未満では大腸菌、B群連鎖球菌(れんさきゅうきん)、3カ月以降においては インフルエンザ菌* が多く、成人では 肺炎球菌、髄膜炎菌 の頻度が高いとされています。感染経路は、(1)菌血症による血行性経路、(2)中耳炎、副鼻腔炎などの隣り合う感染巣からの直接侵入、(3)心、肺など他臓器の感染巣から血行性、(4)脳外科手術後(脳室シャントほか)などの院内感染などがあげられます。

細菌性髄膜炎 - gooヘルスケア
*インフルエンザ菌 ・・・ インフルエンザ菌b型:Hib(ヒブ)

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

▲ page top