ウイルス性髄膜炎 - 後遺症・リハビリ

頭痛、微熱、首や背中の痛み などの症状が、しばらく残る場合があります。

みなさんからの情報

門太郎 本人|29歳(6年前)発症|2004年のおたより 頭痛 今でも頭痛に突然なり、仕事に2日ぐらい行けないことが半年に1回ぐらいあります。それが髄膜炎の影響なのかどうか分かりません。でも辛いんですよね。また病気になったのかと不安になるんですよ。この辛さは家族には分かってもらえないんですよね(笑) 今日も起床時に頭痛がしました。 枕の高さに関係あるのかなとか思いましたけど、今週の月曜日に頭痛になってからまだ続いています。 いやはやこいつとは長いつきあいになりそうです(笑) でもこの辛さって、なったことのない人には分からないんですよね。 精神的なものも大きいのかなとは思ったりもしますが・・・どうなんでしょうね。
りか 本人|35歳(数ヵ月前)発症|2004年のおたより 発熱 年末からウイルス性の髄膜炎にかかり、入退院を繰り返しやっと 復職できることになりました(恥ずかしながら 看護師をしています ^^;) ですが、自宅療養中にも微熱があり少し外出したあとなどは、軽い発熱があります。 「こんなことで仕事に戻って平気なのかな?ずっとつづくのかしら」などなど不安が山盛りです。 自分としては、患者さんたちの不安な気持ちを理解することができたことを生かして看護師を続けていきたいのですが。。。 おんなじ様な不安な気持ちの方やアドバイスなどありましたらお願いします。
K 本人|20代(2年前)発症|2002年のおたより 首や背中の痛み 1年前までは日常生活で、かなり首や背中や太腿のうしろ側がつっぱったり痛かったりしていましたが、昨年は感じるほうが少なかったように思います。 ただ、つっぱり感は同じで症状がでると辛いですね。 いつのまにか症状が消えていたと思える日がくると思うので、あまり気にしすぎないほうがいいと思います。 何かをしたらスパッとよくなるというのがあればいいのですが・・・
▲ page top