ウイルス性髄膜炎 - 初期症状

原因ウイルスによって潜伏期、症状に違いはありますが、一般的に 年長児・成人では発熱、頭痛、嘔吐 を主症状とします。診察所見としては、項部(こうぶ)(うなじ)硬直(こうちょく)やケルニッヒ徴候(股、膝(ひざ)を直角に曲げた状態から膝を伸ばそうとしてもまっすぐに伸ばせない症状)などの髄膜刺激症状を示します。

乳児では、発熱、不機嫌、哺乳不良 など非定型的な症状で発症し、髄膜刺激症状を認めないことも多くあります。新生児の場合は、発熱、哺乳不良に加えて、敗血症(はいけつしょう)様の症状を示す場合があり、注意を要します。

ウイルス性髄膜炎(無菌性髄膜炎) - goo ヘルスケア

みなさんからの情報

2児のママ 家族|生後6日発症|2011-12年のおたより 生後5日目に発熱し、抗生剤を打ち6日目に髄液検査を行った所、細胞総数が177と出て髄膜炎の可能性が高いと言われました。CRPの数値からウイルス性(エンテロウイルス)の可能性が高いと言われました。 → 続き
脳神経外科専門医No.2659 脳神経外科医|2005年のおたより 松本市在住の46歳医師です。
脳炎は本当に診断がつきにくく、確かに自分の診療でも苦々しい思い出ばかりです。ゾビラックスが使えるようになる前はヘルペス脳炎の死亡率は40%と言われていました。ヘルペス脳炎を疑ったら直ちにゾビラックスを投与せよと、教えられました。83歳のお年寄りから26歳の野球選手まで、年齢に関係ありません。ゾビラックス以後は死亡率10%前後と言われています。それにしても恐ろしい病気です。小児のインフルエンザ脳症と同様、全くの健常者が最悪の結果に見舞われます。
ウイルス性髄膜炎では『 記憶喪失になりそうだ。』と言う側頭葉の症状と思われるような、局所の症状は出ませんから、ここで側頭葉の侵される事が多いヘルペス脳炎を疑うのが、専門外である内科医にも常識として求められたと思います。病院側に落ち度はあるように思います。こんな悲しい事が一つでも減るよう、私たちも努力します。応援しております。

りか 本人|35歳発症|2004年のおたより

はじめは、吐き気と下痢を起こし熱はあまり出ませんでした。 その後、1週間ほどすると頭痛が起こり背中も痛くなり、我慢できないほどに。。。 その間、救急で病院にかかっていたのですが、風邪やウイルス性の腸炎と診断され、点滴や内服治療をしていました。 しかし、一向に頭痛が治まらないので神経内科を受診、髄液の検査で12000も数値があり、即入院でした。
→ 続き

しずく 本人|20歳・26歳発症|2004年のおたより 私は現在26才で実は今回で2回目です。 1回目は20才の時に激しい頭痛に襲われ入院しました。その時は髄膜炎とわかるまで3日位かかりその間吐気と頭痛が続いたのですが、髄膜炎と分かり点滴をはじめたらすぐによくなりました。 しかし今回はすぐに髄膜炎とわかったのですが、点滴をしてもなかなか頭痛はとれず、座薬でなんとか痛みをとっていました。 → 続き
ひまわり 本人|28歳・30歳発症|2003-04年のおたより 2年前に髄膜炎にかかり1ヵ月以上入院したのですが、入院する前の数日のことはあまり記憶にありません。母親の話によると、(入院する)何日か前から38.9度の高熱が続き、後頭部の首の上のあたりを痛がっていたそうです。 そんな状態が続き、ある日母親が帰宅すると私は自分の部屋で意識を失って倒れていました。(嘔吐、失禁もしていたそうです。) 急いで救急車を呼び病院に運ばれ、そこでいろいろな検査を受けました。(私は全く覚えていないのですが、かなり暴れたそうです) → 続き
あすか 本人|?歳発症|2003年のおたより インフルエンザと同じような症状だったので、軽く考えてたのですが、夕方8時には頭痛がひどく熱は40度くらいになりました。頭痛は、重い感じです。頭のてっぺんから、太い釘が、首まではいっていて、その釘をたたかれている感じ。表現が難しいですが・・・ 首も動かなくなりました。
→ 続き
sugata 本人|30歳発症|2003年のおたより ズーンと重苦しい頭痛あり,ウイルス性髄膜炎(エンテロウイルス?)を発症しました。熱はなかったのですが,痙攣後意識消失,精神症状あり救急車で運ばれましたが1週間ほどで退院できました。(手足の自由がきかなくなり,顔面麻痺、発語できなくなっ て意識を失いました) 途中の救急車の中で意識が回復するも呂律が回らない状態でした。20分程度すると話も普通にできるようになりました。 → 続き
なおみ 本人|21歳・23歳・25歳・29歳発症|2002-05年のおたより 私の場合二度目、三度目の髄膜炎のなり始めは「気にしすぎ。普通は何度もなるものではない」と医師にいわれ、抗生剤の点滴のみ受けて、病院から家まで千鳥足で帰っていて、意識障害が出始めてやっと(?)入院して治療が受けられ、 「これでフラフラした身体で病院を往復しなくて済む」と喜んでいた経験があります。 普段神経質になり過ぎるのはよくないですが、とにかく本当におかしいと思ったらその間は、医師に呆れられようとまめに診てもらった方がいいと思っています。 → 続き
▲ page top