ウイルス性髄膜炎とは?

ウイルス性髄膜炎は無菌性髄膜炎の一部を占める疾患で、 エンテロウイルス属 を原因とする場合が最も多く、夏期に多く認められます。

広義の無菌性髄膜炎は、髄膜炎で細菌が検出されなかった場合をいいます。無菌性髄膜炎を起こす病原体はウイルスだけでなく、マイコプラズマ、真菌(しんきん)、寄生虫などがありますが、原因のなかではウイルスが最も多く、なかでも エンテロウイルス属が最多で、次いで ムンプスウイルス です。 ウイルス性髄膜炎(無菌性髄膜炎) - gooヘルスケアより)

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

ヘルペス脳炎/非ヘルペス性辺縁系脳炎の臨床PDF庄司 紘史 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部
久留米大学名誉教授
2010 京都集会
▲ page top