恒の体験記 「体験してみて」

病名 : 単純ヘルペス脳炎
発症時の年齢 : 31歳  発症後の経過年数 : 2年
愛知県在住

おたより

2002.12.29

33歳、男、公務員です。

2年前の1月、ヘルペス脳炎・髄膜炎にかかりました。
丁度年末あたりから頭痛に悩まされ、口癖のように「頭が痛い頭が痛い」と会社でも。
年があけたある土曜に、脳炎が僕を襲いました。

家中を夢遊病者のように歩きまわり、泣き叫び、倒れ込み、同じ行動を何度も繰り返し、自分でも、その状況ははっきりと覚えています。でも脳がそういう命令を出したんでしょう。
その行動をとめることもできず、自分が明らかにおかしい人間になってしまったんだと思いました。
でも自分は正常だ。何も変わらないという自分もいて、それまで弾けていたギターを手にしました。
結果弾くことはできず、そのまま異常な状態で病院の精神科へ連れていかれました。
精神科の先生からいろいろ問診を受けたのですが、話している内容も理解できず、自分は相変わらず訳のわからないことを言っていました。

そのまま家に帰されたのですが、状況は悪くなるばかりで次の日、N大学医学部付属病院精神科へ。
夜中に連れて行かれたのですが、病院では僕は殺されるという思いに駈られ、病院中を逃げ回り、そして、そこから3週間意識をなくしました。

3週間の間、僕は海の夢ばかり見ていました。
一度海の奥深くに引きずり込まれる夢を見ました。そのときが一番危なかった時期だとあとで聞かされました。

3週間後、目が覚めた時には言葉を話すことも、手足を動かすことも、人の話を理解することもできませんでした。
その後は唾液も飲み込めず、よだれが流れ始め、そして幻覚、幻聴の日々が続きました。

気がついた時にはベッドの上。扉の外が無性に気になり、体についている管をすべてひきちぎって、一度部屋を飛び出したことがありました。ただただ扉の外がどうなっているのか確かめたかったのです。
でもまともに手足が動かない体だから、扉の外ですぐに頭から倒れ、そのまま今度はベッドに縛りつけられてしまいました。

それからは日に日に言葉を理解できるようになり、抗生物質の投与が終わってからは、「あいうえお」からの発生練習。
そしてそれまで固まっていた左半身のリハビリ。一時退院。
それでも一時退院でも窓の外に映るヘリコプターや飛行機を見て「病院が監視にきた」と訳のわからないことを言っていました。

そして3月の終わり、退院の日がやってきました。
退院してもまだまだ僕の頭は脳炎の後遺症が残っており、その後遺症はいまだに僕を襲います。
涙腺は弱くなり、地下街を歩いてみても平衡感覚に悩まされ、時には死を考え。

ただ言えること。それは現実に社会復帰できたこと。言葉が話せるようになり、昔のようにスポーツもできるようになり、後遺症は治らないけど、現に生きていられること。
ほとんどの人がこんな病気知らないと思う。
それに理解してもらうのも難しいと思う。
でもこの病気にかかったのも現実。なんで俺だけ!と思った。でも生きていられる。
生きていることに感謝したいと思う。

脳炎・髄膜炎は千差万別。人によっては病気前となんら変わらないところまで戻れた人もいると思う。
逆に障害になってしまった人や、命を落としてしまった人もいると思う。
ただ健康で元気な人たちへ、もっと自分を大切にしてほしい。
そして人に優しく、優しさのある人であってほしいと願う。

▲ page top