トシ坊の体験記 「再生(リボーン)」

病名 : 非ヘルペス性辺縁系脳炎
発症時の年齢 : 50歳  発症後の経過年数 : 3年
長崎県在住

2011.02.12

私は、50歳で非ヘルペス性辺縁系脳炎に倒れ、九死に一生を得る体験をしました。
その事で、自分のベースとなる人生観も、変わったような気がします。その意味を込めて、標題を再生(リボーン)と、させて頂きました。

私の体験が、何らかのお役に立てば幸いです。

これから、自分の体験談を記す訳ですが、下書きで作った原型は、自分が生まれてから現在までの体験や思いを、社会情勢や自分の勤めている会社の情勢と、一緒に纏めたものです。

そしてその視点は、会社の中の、そして社会の中における個人としての自分のあり方を見つめたというものになっています。
そうした大きな観点に立って自分を見つめた時に、自分を客観視した、ある意味「神の視点」のような物の見方が生まれました。
本来は、そのすべてを記載したいのですが、膨大な内容になってしまいますので、その一部をピックアップして、年代順に記載致します。少しでも思いが伝われば嬉しく思います。

前兆 平成19年7月23日 近傍の医院へ発熱・関節痛で通院
同24日 同医院へ通院、心房細動の診断

発病 同27日 無断欠勤を不審に思った同僚が訪問、意識不明の状態で倒れている私を発見。
救急車で、M医院へ搬送。

治療 同医院で、非ヘルペス性辺縁系脳炎の診断が下され、気管切開とステロイド・パルス療法実施。
同年9月11日 改善傾向にあったが、健忘症状が残ったまま、退院 → Yリハビリテーション病院へ転院。

治療・リハビリ Yリハビリテーション病院にて、高次脳機能障害に対するリハビリ実施
平成20年3月8日退院

自宅療養 平成20年4月より、N医院にて、月一度の問診と薬物治療(デパゲン・ランドセン)。
Yリハビリ病院にて、週2回のリハビリ治療(ST、PT)実施、現在に至る。
後遺症として、軽度の健忘症と、月1~2回程度の右手の短時間(1分程度)の麻痺が残る。会社は休職中。

現在の思い 自分は一度は死ぬ寸前までの状態に至りました。そして、その時初めて自分が一人で生きているのではない事(自分は独身です)、親、兄弟を含め、多くの人に支えられている事を、実感として悟りました。
そして、これも初めて、自分の生を、「未来へ向けての視点」ではなく、「自分の死から過去へ向けての視点」で見つめる事ができました。まったく逆のベクトルを持つ、視点です。
その視点に立つ時、何故だか、多くの人や物事がいとおしく、大切なものに思えました。
親、兄弟からは、病気からの回復後、「優しくなった」と言われています。
大きな時の流れの中で、奇跡的に触れ合う事が出来た様々な人達。それらの人達すべてが私の宝物です。そんな事を今まで思いもしなかった。
その事に気づかせてくれたこの病気を、逆説的になりますが、有難いと今思っています。
そして、最も重要な事は、今後どう生きていくか、という事です。標題には、そんな思いを込めました。


書きたい事の半分も書けませんでした。申し訳ありません。でも、今の自分の正直な気持ちです。どなたかの、何かのご参考になれば、こんなに嬉しい事はありません。

▲ page top