相談窓口

ヘルペス脳炎の相談窓口

ヘルペス脳炎専門医として、緊急を要する対応はむずかしいと思いますが、ヘルペス脳炎の患者さん、ご家族への2nd opinionなど必要な場合、お役に立てばと思います。ヘルペス脳炎の概要を添えます。
2011.12  庄司 紘史(しょうじ ひろし)
聖マリア病院神経内科・久留米大学名誉教授
〒830-8543 福岡県久留米市津福本町422
Tel : 0942-35-3322, Fax : 0942-34-3115

庄司先生に直接ご連絡ください  e-mail : hshoji@st-mary-med.or.jp

ヘルペス脳炎の概要

単純ヘルペスウイルス(HSV)には1,2型の亜型があり、成人・老人の単純ヘルペス脳炎(ヘルペス脳炎)は主としてHSV 1型によります。一方、HSV 2型による神経感染は新生児の急性脳炎を除いて急性の脊髄炎・髄膜炎がよく知られています。HSV 1型による急性脳炎は側頭葉・大脳辺縁系を好発部位としますが、polymerase chain reaction(PCR)、MRIの導入によって脳幹脳炎型、あるいは再発・慢性型など多様な臨床像が捉えられています。早期診断、抗ヘルペス薬の早期治療の普及により、我が国における本症の致命率は約10%になり、約30%に社会復帰例がみられます。しかしながら、生存例の多くで健忘、記銘力障害、人格障害などの後遺症が残り、家庭あるいは社会復帰の困難な例も少なからず存在します。

非ヘルペス性辺縁系脳炎は、ヘルペス脳炎,傍腫瘍性辺縁系脳炎とスペクトルムを組む新しい亜型と考えられており、両側側頭葉内側(海馬等)のMRI異常が特徴的で、髄液サイトカインの検討ではinterleukin(IL)-6の軽度増加、interferon(IFN)-γ正常の所見から直接的感染ではなく免疫学的機序が推論されています。いろいろなウイルス感染、自己免疫疾患などを引き金とした病態が有力で、グルタミン酸受容体(GluRε2)抗体の関与が追及されています。一方、若年女性に好発する卵巣奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎が注目されており、早期の奇形腫摘出で予後良好が見込める点で早期診断が重要です。周辺に、腫瘍非合併例、VGKC受容体、GABA受容体などの抗神経抗体による辺縁系脳炎/脳症が明らかになりつつあります。

▲ page top