よくある質問

非ヘルペス性辺縁系脳炎について

友人が「非ヘルペス性急性辺縁系脳炎」と診断されたのですが、ヘルペス脳炎などとは病気の種類が違うのでしょうか?

非ヘルペス性急性辺縁系脳炎(NHALE)は、HSV PCR および抗体陰性、MRIで両側側頭葉内側病変を示し、髄液サイトカインでIFN-γの上昇はみられません。ヘルペス脳炎はHSV による直接感染ですが、NHALEでは免疫学的機序が推定されています。両者とも海馬・扁桃体が侵されやすく、記憶や情動異常の頻度が高いことは共通していますが、ヘルペス脳炎に比べNHALEでは髄液の変化が軽く、ときに髄液細胞正常で脳症といえる病態もみられ、一般的に経過がよいとされています。

成因的に抗グルタミン酸受容体抗体(GluR)が追求されており、傍腫瘍性辺縁系脳炎、卵巣奇形腫に伴う抗NMDAR抗体陽性脳炎、抗カリウムチャネル抗体辺縁系脳炎、シェーグレン症候群など自己免疫疾患に伴う辺縁系脳炎・脳症などが自己免疫性辺縁系脳炎・脳症として一括され、病態解明が進んでいます。抗NMDAR抗体陽性脳炎の場合、辺縁系脳炎・脳症というより、画像・病理所見はび慢性脳炎に位置づけられています。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より
▲ page top