よくある質問

単純ヘルペス脳炎について

妊娠6ヵ月になります。4,5ヵ月に一度、陰部にヘルペスが必ず出てきます。出産時に出てしまったらと悩んでいます。婦人科の先生は「出産1週間前にでてきたら帝王切開にします」と言われています。私としては、いつ出るかもしれないし、陣痛中に出てしまったら子どもが感染してしまうのではとも考えてしまいます。

新生児ヘルペス(脳炎)は、性器ヘルペスあるいは無症候性単純ヘルペスウイルス(HSV)排泄を示す母親からの産道感染に起因します。婦人科の先生は「出産1週間前にでてきたら帝王切開にします」と言われていますように産科医による指針に沿うのが安全と思われます。4,5ヵ月に一度、性器ヘルペスを繰り返している方の場合、分娩前の再発予防にアシクロビルの予防投与が考えられます。専門医にご相談下さい。もし新生児ヘルペスになった場合、HSV-2型では、再燃率が高く後療法を含め十分な治療が必要です。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

2、3年ぐらい前の記憶が殆ど無くなってしまいました。それに新しい記憶も無くなってしまってる状態です。記憶する部分の細胞が破壊されてしまったようで、もし、このままの状態で生活しなくちゃいけない事になってしまったとしたら・・・。自分でも自覚してるようで、「次々忘れちゃうんだ・・情けない!」と、申し訳なさそうに毎回のように言います。

ヘルペス脳炎が側頭葉、海馬・扁桃体等、大脳辺縁系を好発部位としている点で、海馬・海馬傍回-乳頭体-帯状回といった記憶の回路が障害される患者さんが多いのです。知的水準は維持されていますが、ご相談のように「2,3年前の記憶や次々忘れちゃうんだ」といった著しい記銘力障害、短期記憶障害が特徴的です。重度健忘の方では表面的な会話しかできません。一般に、記憶の回路を含む側頭葉両側障害でより顕著で、乳頭体を含む場合、取り繕った作話を伴うと言われています。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

何とかしてやりたいと思いながらも何をしてやったらいいかがわかりません・・・!
記憶の訓練法はあるのでしょうか? 頑張って早く社会復帰させてやりたいです。

ヘルペス脳炎では、一般的に四肢の運動障害は少なく、日常動作に支障はなく単純労働なら復帰可能ですが、記憶障害のために複雑な労務、事務職など困難であることが少なくなりません。手帳を持ち歩く、メモを残しながら行動する、写真や記録を見ながら、想起を繰り返すなどが一般的です。言語聴覚士による訓練も利用してみて下さい。漢方薬や認知症で使われているドネペジルなどが有用か否かの試みもあります。急性期重症ながら約半数の方は2、3年後仕事に復帰されています。家族のサポートが大切ですし、励ましの声をかけることを忘れないで下さい。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

幸いにも障害は軽い物忘れと痙攣だけで済みました。 痙攣も突然、意識を失って倒れてしまうのです。今は痙攣がいつ起こるか分からないのでいつも家族の誰かと一緒にいてもらっています。

急性期での痙攣発作に対しては、早めに抗痙攣薬-ジアゼパム、フェノバルビタール、フェニトインの静注、筋注、痙攣重積には呼吸管理下でジアゼパム、ミダゾラムの持続点滴投与を行うことがあります。後遺症としての二次性てんかんには、側頭前部に起因する意識減損を伴う複雑部分発作の頻度が高いと思われます。ヘルペス脳炎としての活動性があるか否か(一般血液検査、抗体値、脳波、MRIなど)も大切です。専門医(精神科医・神経内科医)のもとでカルバマゼピン、バルプロ酸などで通常コントロール可能です。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

12年前にヘルペス脳炎を患い、幸いにも社会復帰した父ですが、それ以来本人の性格・人格が変わってしまい、いまや家族が崩壊しそうです。しばらくはよかったのですが、年がたつにつれ、家族への冷たい態度、おしつけ、疑い、笑顔はありません。周りの人は病気をしてから人格が変わり、父の友達にすら冷たい態度、暴言を吐くそうです。

この病気の後遺症に性格変化・人格変化は高率にあげられ、大脳辺縁系の扁桃体・前頭葉の眼窩回あたりを責任病巣としています。記憶はしっかりされているのですので、海馬体あたりの変化に乏しく、扁桃体・眼窩回あたりの変化がつよく残っているのでしょうか。ヘルペス脳炎の遅発性の後遺症としても珍しいと思います。病識の欠如されているのも関連があります。精神科医・神経内科医などへの受診もご本人は拒否されるでしょうが、先ずはご家族だけで相談に行かれるとよいと思います。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

ヘルペス脳炎とは、再発するのでしょうか?

ヘルペス脳炎は急性単相性の経過と考えられていましたが、稀に成人例において1年以上の間隔をおいた再発性ヘルペス脳炎が報告されています。小児では、不十分は抗ウイルス療法に起因するとも考えられています。やや、長期のアシクロビル投与の必要性を示唆されています。成人・高齢者の場合、1年以上の寛解後が多く、画像的にも白質病変が目立ち、免疫学的要因も関与しているものと思われます。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より
▲ page top