よくある質問

急性期治療・検査について

単純ヘルペス脳炎・周辺疾患で入院したさい、ポイントになる検査を教えてください。

ヘルペス脳炎での検査のキーワードは以下の検査項目です。
腰椎穿刺による髄液検査における圧・細胞数・蛋白・糖値などで、細胞数増加(正常値5/mm3)は脳炎・髄膜炎などの炎症を裏付け、糖値の正常(50~80mg/dl)あるいは低下はウイルス性(正常)または細菌感染(40以下)かの鑑別に役立ちます。髄液からの核酸増幅法PCRによるHSV ゲノム陽性は診断の決め手になります。発症から1週以内陽性率が高く、つぎに、血清・髄液でのHSV抗体を酵素抗体法(EIA IgM, IgG抗体)などで調べます。経時的上昇を診断根拠にします。
磁気共鳴画像MRIにおいて、ヘルペス脳炎では海馬領域を含む側頭葉・前頭葉に、一側優位な高信号域・白い陰影の出現をみます。脳波における周期的に出現する鋭波も特徴的とされます。 回答者: 庄司 紘史 先生 (2012年 東京集会

入院2週間の経過で治療効果のみられない場合、主治医の先生へどんなことを相談するとよいですか。

急性の発熱・痙攣・意識障害が2週間以上つづくとなるとご心配のことでしょう。
先ず診断・鑑別診断がどうかです。通常、髄液検査でウイルス性脳炎が疑われる場合、抗ヘルペス薬・アシクロビルの点滴投与を開始します。ヘルペス脳炎と間違いやすい病気として若年女性に好発する卵巣奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎(辺縁系脳炎)があります。異常言動で発症することが多く、髄液所見は軽度な傾向があり、やや専門的になりますが、免疫機序による傍腫瘍性脳炎・脳症に位置づけられる抗NMDA受容体脳炎には男性発症例や腫瘍を伴わない抗NMDA受容体脳炎例の報告もみられます。これらはヘルペス脳炎に比べ経過が長引く傾向があります。
痙攣発作が持続し痙攣重積に移行した場合、呼吸管理下で麻酔薬を用いて眠らせる処置を行います。全く応答のない状態で痙攣・脳炎の鎮静化するのを待つのはご家族にとって大変つらいことですが、脳保護作用もありますので希望をもって主治医の先生の説明を聞いて下さい。 回答者: 庄司 紘史 先生 (2012年 東京集会
▲ page top