よくある質問

ヘルペスウイルスについて

唇にできるヘルペスを持っている人は、ヘルペス脳炎に発展したりしてしまうのでしょうか。

ヘルペス脳炎に口唇ヘルペスの合併頻度は10%前後です。低頻度であり、脳炎との関連性は必ずしも明らかではありません。単に症候性であることが考えられ、余り心配はないでしょう。限られた一部の人では、三叉神経節などからの再活性化に際し、口唇ヘルペスと脳炎を同時に引き起こすことが示唆されています。口唇ヘルペスをもっている人はHSV-1保有者である訳ですが、頭痛などを自覚される場合、早めに専門医に相談されるとよいでしょう。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より

妊娠6ヵ月になります。4,5ヵ月に一度、陰部にヘルペスが必ず出てきます。出産時に出てしまったらと悩んでいます。婦人科の先生は「出産1週間前にでてきたら帝王切開にします」と言われています。私としては、いつ出るかもしれないし、陣痛中に出てしまったら子どもが感染してしまうのではとも考えてしまいます。

新生児ヘルペス(脳炎)は、性器ヘルペスあるいは無症候性単純ヘルペスウイルス(HSV)排泄を示す母親からの産道感染に起因します。婦人科の先生は「出産1週間前にでてきたら帝王切開にします」と言われていますように産科医による指針に沿うのが安全と思われます。4,5ヵ月に一度、性器ヘルペスを繰り返している方の場合、分娩前の再発予防にアシクロビルの予防投与が考えられます。専門医にご相談下さい。もし新生児ヘルペスになった場合、HSV-2型では、再燃率が高く後療法を含め十分な治療が必要です。 ヘルペス脳炎とその周辺 」 より
▲ page top