意識障害からの回復期

みなさんからの情報

非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|55歳(1ヵ月前)発症|2002年のおたより いつもよりイライラしていたり勝手にベッドから降りて、運動したりする時は、その後発作を起こす事が多い事に気づきました。 病気からくる物だったんですね。 一時はまともに話しは出来ないし、幻覚・幻聴・暴れたり、おかしな事を言ったり普段の父からは想像できない変り様だったので、このままなのかな?と思っていたのですが、 りえさんの言う通り一日一日良くなっていくのですね。 今はご飯ももりもり食べてサッカー見てます。 最初の時はこんな時がくるなんてほんと想像できなかったです。

puma ウイルス性脳炎|家族|30歳発症|2004年のおたより 本人は、意識が戻った時の幻覚が一番怖かったそうです。自分でもおかしい事を言っているのは分かるのだけれど、色んな物が見えたそうです。

SF ウイルス性脳炎|家族|47歳(1ヵ月前)発症|2004年のおたより 意識は戻ったものの以前の妻とは違います。 無口で羞恥心の強い、知的な女性でしたが、今は良く笑い(笑いすぎ)、よく話し(気管切開をしており声は出ず、筆談です)、人前で私が手を握ってもなんとも言いません。 躁鬱の躁のような感じです。 この4日間は、ろくに眠っていないようです。 また、2年前から今までの記憶があいまいです。 そして、今、起こったことを記憶することができません。 また、見知らぬ看護師さんが目の前を通ったりすると「あれは誰それさんで、知っている」など訳の分からない事も言います。 もっとも、家族を認識し、字もそこそこ書けるし、その場の意思疎通は十分はかれます。
くーみん 本人|25歳(2年前)発症|2004-11年のおたより その時の事は全く記憶になく、入院中も親にいつも「なぜ入院したのか?」「今日は何日か?」と質問ぜめだったと聞いています。
まさ 急性散在性脳脊髄炎(インフルエンザ予防接種後)|本人|?歳発症|2005-08年のおたより 私は、入院中すごくこだわっていた事があります。トイレです。私は、精神症状がひどく暴れるために手足を拘束されていました。当然、当然一人ではトイレに行けませんから、紙おむつのお世話になりましたが、私は、薬の影響でパーキンソン症状が出て満足に歩けませんでしたが、何度も手足の拘束を解いて脱走してはトイレに行っていました。昼夜問わず誰彼ともなしに、「トイレ、トイレ」と言っていました。嫌なことに、私は、入院中の事を鮮明に覚えているので何で、自分がそんなにもトイレに執着したのかも分かっています。開放されたかったのです。手足の拘束から。入院していると言う現実から。入院中自分でもつじつまの合わないことを言ったりしていたことはわかっています。そのもう一人の私は何でそんなことを言うのとも同時に思っていました。私なのに私ではない誰かがいるようなかんじでした。今はありませんが。皆さんは何かこだわっていた事とかありますか。今思えば不思議な程トイレに執着していたなぁ。逃げ場は何もトイレでなくてもよっかたのに。 → 続き
あや 脳炎|本人|28歳発症|2008年のおたより 元に戻る確率は低く、寝たきりもしくはなんらかの障害がのこるだろうとのことだったそうです。 しかし、私の意識は戻り、2か月のリハビリに励み無事、4か月で退院することが出来ました。その間、そして退院後もいろんな苦しみがありました。頭の中がグチャグチャで自分がどんな状況にいるかもわからず、精神のコントロールもできず、何度も自殺騒動・暴れたりの繰り返しでした。 そんな私を必死に看病してくれたのは母でした。 そしてそんな私を必死に守ってくれたのは兄でした。 「なんで私が なんで私が・・・」そう言って泣き叫ぶ私をまわりのみんなは暖かく大きな心で包んでくれました。→ 続き
さくらのお父
卵巣奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎|家族|19歳発症|2010年の体験記2010-12年のおたより 本人の不安を取り除く。思い出せないこと覚えられないことを紙に印刷して渡す。大きな紙に書いてベットの前に貼りだす。私の娘は意識が戻ってからは、毎日、何十回もここは何処?なぜここにいるの?今日はいつ?なぜ?なぜ?なぜ?でした。 話して聞かせたことをどんどん忘れていく。話し終わったらまた最初から。その繰り返しでした。ですから、夜一人で目が覚めたときなど、オームのように説明してくれる私がいないと、それこそ不安で気が狂ってしまわないかと考えたのです。病院のベットの前に貼ってもらった効果はあったと思います。精神的に落ち着いたというか安心したと思います。
とにかく明るく明るく明るく、笑わせる笑わせる。本人は正常に戻ってくればくるほど、不安になったり、心配したり、悲観したりして、落ち込みやすいので、とにかく明るく。(2010.01.11)
かな
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|44歳発症|2014年のおたより|東海地方在住 家族が脳炎になって3ヶ月半です。先日、急性期の病院からリハビリ病院へと転院しました。今の状況ですが、穏やかで話すこともしっかりしている時と、興奮して大声を出したり怒ったり、妄想、幻覚があったりする時を繰り返します。また食事ができず管からの栄養摂取、自分で歩行できずお風呂やトイレにもいけないことにかなりストレスを感じているようです。→ 続き
▲ page top