脳炎・脳症

脳炎・脳症とは?

急性脳炎

髄膜炎は持続する頭痛を主な症状とし、発熱、項部(こうぶ)(うなじ)硬直などの髄膜刺激症状、髄液(ずいえき)細胞増加などが認められます。 脳炎 は、 脳実質の炎症を主体とし、発熱、意識障害、けいれん、髄膜刺激症状など がみられます。これらは、両者を合わせた髄膜脳炎としてみられることがあります。

類縁あるいは同一の疾患群としては、 急性脳症、急性散在性脳脊髄炎 (さんざいせいのうせきずいえん)、遅発性(ちはつせい)ウイルス感染症などがあります。一般的に予後が悪く、早期の診断、治療が大切です。

急性脳炎 では単純ヘルペスウイルスによる 単純ヘルペス脳炎 の頻度が高く、日本では年間で100万人に3・5人、約400例の発症とされます。日本脳炎の場合7~9月に数例の小流行がみられます。このほか、 インフルエンザ、風疹(ふうしん)、麻疹(ましん)などに伴う急性脳炎・急性脳症(二次性脳炎) などがあります。 髄膜炎・脳炎とは - gooヘルスケア より)

急性脳症

急性脳症 とは、脳機能障害の症状である意識障害やけいれんを起こして、髄液(ずいえき)検査で炎症所見(細胞増加など)がないものです。炎症所見がある時は急性脳炎として区別します。乳幼児が多くを占めます。

脳のエネルギー不足(低酸素症、低血糖症、血流障害)、代謝物質増加(先天代謝異常症、肝不全、腎不全、膵炎(すいえん)、糖尿病、中毒)、神経伝達抑制(電解質異常、中毒)、その他(ライ症候群、 ウイルス感染に伴う急性脳症 )など、原因はさまざまです。 急性脳症 - gooヘルスケア より)

脳のしくみについて

▲ page top