脳幹脳炎(ビッカースタッフ型、小脳炎を含む)とは?

ビッカースタッフ型脳幹脳炎急に物が二重に見えたり、ふらついて歩けなくなったり、意識がはっきりしなくなったりする病気です。症状が出る前に、風邪をひいたり激しい下痢があったりすることが多いです。症状は1ヵ月以内に最も強くなり、それ以後は改善にむかいます。 ビッカースタッフ型脳幹脳炎 - 難病情報センター より )
小脳炎 炎症性の疾患としては、まず小脳炎と呼ばれる病気があります。これは細菌やウイルスが脳に直接害を及ぼす髄膜脳炎(ずいまくのうえん)の仲間ではなく、かぜや下痢を起こす病原体に感染したあとに、自分の免疫が中枢神経に抗体をつくる脳幹脳炎(のうかんのうえん)の一症状として小脳症状を起こすものです。神経に対する抗体が一時的にできるギラン・バレー症候群という病気の仲間です。

●その他の小脳の炎症
小脳に部分的に炎症を起こす病気としては、多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)、神経ベーチェット病など、中枢の炎症性疾患が小脳の一部に起こることがあります。このような病気では、小脳全体ではなく、一部分に炎症性の病変が起こるため、症状はその障害部分によって異なり、手や足の動かしづらさも左右で違っていたりします。基本的には大脳とは異なり、動かしにくい側と同じ側に病巣があると想定されます。 小脳の炎症 - gooヘルスケア より )

病気解説リンク集

▲ page top