急性散在性脳脊髄炎とは?

急性散在性脳脊髄炎

感染後やワクチン接種後に、まれに脳や脊髄(せきずい)などの中枢神経の全体を急性に侵すまれな炎症性脱髄(だつずい)疾患です。 原因は何か  麻疹(ましん)、風疹(ふうしん)、水痘(すいとう)、インフルエンザなどのウイルス感染後や、まれではありますがワクチン接種後2~15日頃に発症します。脳脊髄などの中枢神経にアレルギー反応による脱髄性の炎症が起こると考えられています。 急性散在性脳脊髄炎 - gooヘルスケア より )

脊髄炎

脊髄は頸髄(けいずい)、胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)、仙髄(せんずい)からなりますが、このどこかに炎症が生じた時に脊髄炎といいます。急性に症状が現れた時には 脊髄炎 、慢性に経過する時には脊髄症と呼ぶことが多いようです。脊髄には狭い場所に神経が集中しているため、小さな障害でも重い後遺症を残すことが懸念されます。
脊髄炎の原因は、(1)原因が不明な特発性、(2)ウイルス、細菌、寄生虫などの感染による感染性あるいは感染後性、(3)全身性エリテマトーデスなどの膠原病(こうげんびょう)あるいは類縁疾患に合併するもの、(4)多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)、 急性散在性脳脊髄炎 などの自己免疫性などに分類されます。
脊髄炎とその類似疾患 - gooヘルスケア より )

病気解説リンク集

▲ page top