自己免疫性脳炎 - 後遺症・リハビリ

非ヘルペス性辺縁系脳炎・抗NMDA受容体脳炎に関するアンケート調査結果より

性格の変化について具体的にお書きください。

* 判断力・思考力が著しく低下した・羞恥心が乏しくなった・睡眠障害で不眠傾向・悪夢をよく見る・一人が不安で耐えられない

* 普段は、以前よりもかえっておっとりとした性格になりましたが、同室の人の声がうるさく感じられたりすると我慢ができずに怒鳴るようなこともあります。

*
日常生活の中では子供っぽい面や自発性がなくなる場面も見られますが、全ての面に於いてではありません。

* 難しいですが発症前と人格に少し変化があったように感じます。涙は今もよく感情失禁があります、そうなると自分ではコントロールしにくくなるようです。

* 回りによく気をつかうようになった。優しくなった。我慢強くなった。親の話をよくきくようになった。素直になった。一人では道に迷ったり、判断ができない時があり、その不安から親を頼っていると思われる。

* 家族からは、怒りっぽくなくなったと言われる。

* 疲れやすい。感情の起伏が激しくなったと思います。

* 落ち着きがなくなった。音・湿度・味覚などの神経過敏。嗜好の変化。明朗になった。

記憶について回復していると感じたことがありますか?

* 同じ質問をしなくなった。

* 意識が戻ってからも半年くらいは、つい1時間前にしたことや、会った人のことも覚えてないことが多かったが、9ヶ月が過ぎた頃から、今日は誰が来たとか、どんなリハビリをしたかなど話してくれるようになりました。

*
1年前は、毎日の生活の中でも同じ事を何度も繰り返すことが多かったが、最近はそのようなことは殆どなくなった。人の名前などがスラスラと出てくるようになった。

* 退院後は、ほぼ常に母親と時間を過ごしていましたので、一人になることが怖くて、母親を常に探しているようなところがありましたが、一人で外出できるようになりました(まだ自由にということではないですが)。

* 復学後、学生生活、体育会系クラブ活動、日常生活に少しずつ支障がなくなってきている。その日あった出来事を食事のときに話ができる。 発病前は授業をよくサボっていたが、復学してからは、前期は欠課が全くない。

* 日々できる事(食べる、走る、ジャンプ、右手右足も左同様に動く)が増えた。言葉がなかなか増えないが、年齢的に言葉を覚え始める頃に発症しており、 これからの回復は十分に見込めそう(コミュニケーションの幅も広がってきており、言葉も少しずつ増えてきている)。
▲ page top