単純ヘルペスウイルス以外のウイルス性脳炎とは?

単純ヘルペスウイルス以外にも、 HHV6 や(human herpes virus 6)や La Crosse virus帯状疱疹ウイルスエンテロウイルス など、いくつかのウイルスによって辺縁系脳炎が引起される。 「自己免疫性辺縁系脳炎-病態研究の進歩」
Clinical Neuroscience -vol.26 5月号
- 中外医学社 より

水痘脳炎  多くは水痘(みずぼうそう)の経過中に発症します。発症は、水痘出現後数日とされています。頭痛、嘔吐、意識障害が起こります。髄液所見としては、単核球を主とする軽度の細胞増多を認め、軽い蛋白増加がみられます。水痘と関連した急性小脳失調症もあります。アシクロビルによる治療が有効とされています。
インフルエンザ脳症  インフルエンザ脳症は、インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受ける(多臓器不全(たぞうきふぜん))、重い疾患です。インフルエンザの感染は引き金となりますが、脳の中ではウイルスは増えず、感染によって産生されたサイトカインなどによって、脳障害や多臓器不全が起きると考えられます。
1995年ころから報告があり、2000年ころから一般に知られるようになりました。欧米では少なく、東アジアに多いと考えられています。日本の年間発症数は100~500例で、病因別では最も多い疾患です。好発年齢は1~5歳、ただし、2009~10年に流行した新型インフルエンザでは、5~10歳が中心でした。 インフルエンザ脳症 - gooヘルスケア より )

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

▲ page top