非ヘルペス性辺縁系脳炎 - 初期症状

 単純ヘルペス脳炎の調査の過程で見い出されましたが、ヘルペスウイルス(HSV)PCRおよび抗体陰性、MRIで両側側頭葉(そくとうよう)内側病変を示し、髄液サイトカインではガンマインターフェロンの上昇はみられません。初期症状に、 言動異常、けいれん の頻度が高いことが明らかにされています。 「 非ヘルペス性辺縁系脳炎・抗NMDA受容体脳炎に関する
アンケート調査結果報告 」
より

みなさんからの情報

umi  家族|7歳(7年前)発症|2012年のおたより|広島県在住 我が家の娘は、小学校一年生の時、突然の軽度意識障害、嚥下障害、排せつ困難等となりました。 脳波検査の結果、非痙攣性睡眠時重積症との診断でパルス治療をしていただきました。 一旦、歩行排せつは可能となったものの、数か月で不可能になり、発語も一切なく感情もなくなったような無表情となりました。 → 続き
まあくん 本人|39歳発症|2012年のおたより 平成23年7月下旬から頭痛に悩まされ,市販のロキソニンを飲み続けてました。頭痛は治まらず,近々に出張もあったので,念のため脳神経外科を受診。MRIを撮ったのですが異常なしとの診断。 8月中旬,会社で痙攣発作で倒れ救急車で病院へ搬送。当日,検査しても特に異常なく,意識も戻ったため,即日退院。数日後,また,会社で痙攣発作をおこし,またまた救急車で病院へ。これから,闘病が続きました。 → 続き
ニッキー 家族|23歳発症|2011年の体験記2012-13年のおたより|東海地方在住 音楽活動をしている娘が、本番の朝起きてこないのでおかしいと思い、起こしにいったらベッドに倒れていた。口から泡をふいた跡があり、声をかけても触っても反応は無い。 何が起こったのかわからず、夢中で夫を呼び、救急車を要請した。 どうやら夜中に痙攣をおこして、意識不明になっていた。 → 続き
カツパパ 家族|2歳発症|2011年の体験記|愛知県在住 最初の症状は唇の痙攣でした。口がもぐもぐしたまま止まらず、口の中の物はいつまでたっても飲み込まれない。かかりつけの小児科では、すぐに総合病院へ行きなさいと、受付時間を過ぎようとしている市内のA総合病院へ連絡をとってくださり、診察、即入院となりました。
→ 続き
えりか 家族|33歳発症|2011年のおたより|青森県在住 夫は2月22日ころから頭痛を訴え、その時点で熱は38度前後。 会社でインフルエンザにかかった方がいたので、翌日すぐ病院で検査するもインフルエンザは陰性。熱は下がらず救急を含めて3件の病院にかかり、3件目で受けた抗生物質と熱さましの点滴が効いたのか、36度台になりました。3日間仕事を休み、26日は上司から出勤要請が出たので仕事をして21時過ぎに帰宅し、ちょっと頭痛いし37度だからすぐ寝ると22時ごろベッドに入って休みました。 早朝4時40分ごろ、夫の寝室から嘔吐しているような声が聞こえたので様子を見に行くと、体が硬直して口の端から泡を吹いており、慌てて救急車を呼びました。 → 続き
さとちゃん
本人|30代発症|2011年の体験記|千葉県在住 私は、2004年6月より変な行動や言動を勤務中に示す様になり、相手を見る視線が焦点をあっていないということで、病院へ入院となりました。 → 続き
らん 家族|30代発症|2011年の体験記2011-12年のおたより 額の辺りが痛い、周期的に激痛がきてたようで、顔をしかめていました。 そのうち、どの食事も匂いが同じだ!って言い始めました。 → 続き
mako
家族|15歳発症|2010年のおたより|東海地方在住 娘は15歳の5月の終わりごろ学校で痙攣発作を起こし倒れました。その3日後、地域の総合病院のPICUに入院し、翌日から脳炎を疑われ、翌々日にはステロイドの点滴が始まりました。その後色々とありましたが、約20日間入院をし、退院となりました。その時には最近の記憶が無くなっていること以外、特に後遺症は分かりませんでした。
がんばるぞう! 家族|6歳発症|2010年のおたより 3月7日に遊んでる最中に「楽しいけど涙が出る」と言い始め、8日夕方から幻覚・記憶障害・せん妄状態に陥り、夕方遅くに急遽地元の大学病院へ運ばれました。 MRI・血液検査では全く異常がなくその日は検査のために麻酔を使ったので1日入院となりました。 翌日担当の先生から「何処にでも居る6歳児の女の子と同じでちょっと感受性の高いのかな?」と説明を受けて退院したのですが、自宅に戻った夜中に突然意味不明の事を言いだして翌朝に大学病院へ再度入院となりました。 → 続き
りゅう 本人|46歳発症|2010年のおたより|東京都在住 体験といってもあまり覚えていないので役に立てないかとおもいますが、覚えているのは、最初は喉の痛くないカゼぐらいに思っていましたしかし2週間ぐらい病院に行って40度ぐらいの熱が上がったり下がったりして全然良くなりませんでした(たぶん頭もいたかつたかも)、とのうちに冷たい物が触るのがこわくなつたり、娘がゆてたのは夕方仕事ぎゅう公園をうろうろしていたのでつててきたとかいろいろ変な行動をしていたみたいで す。それからM病院(神経内科)に救急入院になしました。 → 続き
ナナハチ 家族|58歳発症|2009年のおたより 1月末に、父は手の痺れがある。と言い、自ら病院へ・・・。父はよっぽどの事がない限りは絶対に病院には行かない人なので、今思えばその手の痺れに自分でも異常を感じたのだと思います。 病院の診断では「恐らく脳血栓では」という事でした。検査の為にしばらく入院する事に。父は頭痛も高熱もなかったのです。その数日後、父は病院内で倒れました。少し意識障害も出たので、もしかすると血管ではないのかも?という事になり、すぐに大学病院への転院が決まりました。 → 続き
しまこ 家族|24歳発症|2009年のおたより 2007年冬頃、遊びすぎかな?寝不足で頭痛が治らないとこぼしてました。きちんと寝なさいよ!なんて家族と話していました。 2008年春、本社異動となり、新店舗立上げの部署で仕事が忙しくなったと嬉しそうに話していました。 相変わらず、頭痛がひどく、目の充血もありました。本人も心配で、脳神経外科や眼科で検査をしてもらったのですが、仕事のストレスとの診断でした。書類に書く実家の電話番号が思い出せなかった、と母に相談したのもこの頃ですが、携帯で掛けるから度忘れしたのね。と、笑い話になりました。 → 続き
ハチ 家族|28歳発症|2009-10年のおたより 私の妻の事ですが、倒れる前は40℃の熱があり病院では風邪との診断でした。 2009年4月4日AM6:00頃に痙攣を起こし、救急車で運ばれそのまま入院となりました。 病室でも、その日の昼と夕方に痙攣を起こし、意識はあるものの頷く事しか出来ない状態になりました。 その間にCTとMRIを撮りましたが、動いて画像がブレた部分もあったせいか、悪い物は写りませんでした。 → 続き
もーすけ 家族|17歳発症|2009年のおたより|大阪府在住 発症する直前は精神的な病かと疑いましたが、その後こんな病気が世の中にあったのかと疑うほど想像もしなかった病であることを知りました。 → 続き
ヒラ 家族|30代発症|2006年のおたより 3月に夫が記憶障害・食欲不振・倦怠感・頭痛を訴え、最初CT・MRIでは、最初は異常が見られなかったので、精神科にかかったのですが、薬を飲んでも改善されず、1週間後に幻聴・幻覚が出はじめ、 急遽大学病院に入院、MRIの結果、辺縁系脳炎との診断でした。 非常に稀な病気だそうです。 髄液からヘルペスウイルスは検出されず、未だに原因は不明です。
ken 家族|27歳発症|2005-06年のおたより 4月28日の昼間に突然痙攣を起こして倒れて救急車で病院に運ばれて意識が戻り、その日は帰宅したんですが、幻覚や異常行動がでてきて夜に2度目の痙攣を起こし再度病院へ。 脳の検査では異常がなく先生からはストレス症候群みたいなので精神病院へ転送されたんですが意味不明の言動が続き2日後に3度目の痙攣で意識がなくなり近くの総合病院での検査で初めて脳炎、髄膜炎との診断。今もICUでの治療が続いています。 → 続き
▲ page top