非ヘルペス性辺縁系脳炎とは?

大脳辺縁系(へんえんけい)とは情動や意欲、記憶、自律神経活動に関わっており、脳の側頭葉にある海馬や扁桃体はこの辺縁系を構成する重要な部位です。辺縁系脳炎とはこの辺縁系が障害される脳炎の総称で、以前は単純ヘルペス脳炎がその代表的疾患でした。しかし、近年になって単純ヘルペスウイルス以外のウイルス、悪性腫瘍の遠隔効果による傍腫瘍性神経症候群、さらに自己免疫機序も辺縁系脳炎の原因になりうることが判明し、これら単純ヘルペスウイルス以外の原因によるものを非ヘルペス性辺縁系脳炎と呼ぶようになりました 。

「自己免疫性脳炎の最近の話題 - 抗NMDA受容体脳炎 -」 より

 


自己免疫性脳炎の最近の話題 - 抗NMDA受容体脳炎 -PDF中嶋 秀人大阪医科大学内科学 I・神経内科 講師

1. 非ヘルペス性辺縁系脳炎、自己免疫性脳炎とは?
2. 抗NMDA 受容体脳炎とは?
など、図表を用いた分かりやすい解説です。

2013 大阪集会

病気解説リンク集

ヘルペス脳炎/非ヘルペス性辺縁系脳炎の臨床PDF庄司 紘史国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部教授
久留米大学名誉教授
2010 京都集会
▲ page top