成人の単純ヘルペス脳炎 - 成人ヘルペス脳炎後遺症の研究の紹介

福岡県大川市高木病院神経内科の成人ヘルペス脳炎外来患者さん5症例の発症から3か月後~12年後にインフォームドコンセントを得て後方視的に後遺症を検討した研究報告を紹介致します(神経内科69:478-482、2008)。

全例に前向性健忘を認め著明な近時記憶障害を呈していました。知的機能、即時記憶は比較的保たれ、1症例で逆向性健忘が認められました。他の随伴症候として、病識の欠如や性格変化などの前頭葉症状、味覚・嗅覚障害、けいれん発作を認めました。MRIなどの画像所見では一側優位の海馬体を中心とする側頭葉・辺縁系と、直回、眼窩回などの前頭葉に病巣を認めました。外来での検査可能な患者さんを対象とした研究ではありますが、1990年代初めの生存例の後遺症と比較し治療の進歩により軽症化していると言えます。

理恵さん(SAKURA管理人)のMRIの病気の急性期と9年後の所見を示します(図)。左側の側頭葉(1本の矢印)・内側海馬周辺(2本の矢印)、いずれも軽度の変化にとどまり、日常生活に支障のない程度の近時記憶、味覚あるいは情緒障害がおありと思われます。

画像1
FLAIR像                 T2強調像

一方では、長期入院を余儀なくされる患者さんや社会復帰・在宅療養の困難である患者さんが少なくありません。さまざまな支援が必要と思われます。 2008.12 
庄司紘史(しょうじ ひろし)
聖マリア病院神経内科・久留米大学名誉教授
〒830-8543 福岡県久留米市津福本町422
Tel : 0942-35-3322, Fax : 0942-34-3115
e-mail : hshoji@st-mary-med.or.jp


りえ@SAKURA管理人のその後の経過

FLAIR T2
FLAIR像  T2強調像

発症から9年後のMRI画像です。
今年になって単純部分発作が起きはじめました。左脳がダメージを受けたので右半身の発作は理解していましたが、左腕に発作が起きることが続いたので、主治医の先生に相談してみました。今まで撮った色々なMRI画像を見比べた結果、右側の側頭葉(1本の矢印)もダメージを受け萎縮していることが分かりました。
(りえ@管理人/ 2009.4)


FLAIR  
FLAIR像   

 

2016年のMRI画像です。画質が良くないですが。
2011年に四肢けいれん、意識消失発作、嚥下機能低下が起きたため、現在も症候性てんかんの経過観察のため通院しています。
2013年のMRIでは、特に病変は見つかりませんでしたが、脳炎発症1年後から何も変化がなかった脳に少し変化が見られ、萎縮した左側頭葉が硬くなってきているとの説明もありました。脳波検査では、脳全体に異常波が起きていました。
2016年のMRIでは、2013年の画像と大きな変化はありませんでした。脳波検査では、左側頭部徐波化と側頭葉と前頭葉に異常波が見られました。
(りえ@管理人/ 2017.3)

▲ page top