成人の単純ヘルペス脳炎 - 初期症状

急性期には、 発熱、髄膜刺激症状、意識障害、けいれん発作 が必ず起きる症状とされています。 幻覚、記憶障害、失語症 (しつごしょう)などの言語障害も現れます。初期には、 錯乱、せん妄 (もう)状態が少なくなく、 幻視、異常行動 もみられます。死亡率は20~30%とされており、とくに昏睡(こんすい)に至る深い意識障害、けいれんの頻発、脳圧亢進を認める症例の予後は極めて不良とされています。他方、意識障害が比較的軽く、精神症状を主とする軽症例もみられます。回復期にかけては健忘症候群、人格変化、症候性てんかんなどが現れ、後遺症として問題になります。
単純ヘルペスウイルス脳炎 - gooヘルスケア より )

みなさんからの情報

かじかじ 家族|68歳発症|2010-11年のおたより|東京都在住 父が2週間前に突然の発熱でフラフラと歩けなくなり、救急病院に運びました。 脱水症状のみで他の症状はないからと、点滴のみで自宅に帰されました。 翌日熱もひかず、傾眠状態になり再度救急病院へ。 「熱中症疑い」と診断され治療開始しましたが、改善せずに、悪化の一途。 翌朝「ヘルペス脳炎疑い」で大学病院へ転院しました。 転院した当日までは傾眠状態でも意識はあったんですが、翌日、呼吸状態が悪化し人工呼吸器をつけました。→ 続き
佐渡の桜 家族|70代発症|2010年のおたより|北海道在住 私の父は1ヵ月前に脳梗塞の疑いで緊急入院をしました。 最初から言語、記憶障害が見受けられ、高熱が続き、担当医はどこからくる熱なのかわからないということでした。 一週間後再検査したところ、脳梗塞ではなくヘルペス脳炎だとわかり、治療をきりかえましたが脳全体に炎症が広がっていて、意識が無い状態となってしまい、誤嚥性肺炎も併発し、最悪の結果を覚悟しました。 幸い薬が効いてくれ、今ではリハビリが出来るまで回復しましたが、記憶障害、味覚障害は残っています。
前田 家族|61歳発症|2010年のおたより 頭痛や吐き気等の風邪の症状がまったくないのに、耳がすごく遠くなり、39.7度の熱がありました。 夜だったので翌日すぐに近所の病院につれていき、解熱剤をもらい帰りました。 4日くらいたって38度に熱が下がり、明日くらいにもう治るか?と思い会社に行きました。 会社の人から「熱がそんなに続くのは変だ、すぐ大きい病院につれて行け」 と言われ、会社を早退しすぐ県立病院に連れて行くと、脳炎ということで即入院でした。 右脳がかなり炎症がひどいとのこと・・・。 炎症等の症状がかなり進んでいるとのことで、とても心配でした。
すもも 家族|60代発症|2010年の体験記 1. 入院まで」 をご覧ください。
れいこ 家族|57歳発症|2009年の体験記|滋賀県在住 1. 入院から退院するまで 」 をご覧ください。
m 家族|41歳発症|2009年のおたより 妻が18日から高熱を出し、インフルエンザの検査を19,.20日とするも異常なく、21日朝には40度になった為、総合病院に無理矢理入院お願いしました。 22日朝、痙攣をおこし意識がなくなり、そこでヘルペス脳炎の可能性ありということで、痙攣剤とヘルペスに効く薬?を投与し、救命救急センターに搬送されました。 MRI検査では左側頭葉に炎症があり、静脈の血栓はないそうで、髄液からとったものはまだ検査中でヘルペス脳炎と断定されたわけではないが、所見でほぼ間違いないとの事。
マット 家族|69歳発症|2009年のおたより 母が風邪をこじらせて1週間近く困っておりましたところ、3月29日の朝方、突然、呂律が回らなくなり、歩行が困難になり、救急車で病院に搬送されました。 しかし、意識レベルが下がり、その病院では、原因がわからず、脳から来るものではないかということで、再び脳神経外科がある病院に再び搬送されました。 そこで、CT・MRIの検査をしたところ、海馬付近の炎症が見られ、それが原因だろうと判断が下されました。 おそらく、ヘルペス脳炎ということで、抗ウイルス薬・ステロイド等を投与して行くとの治療方針を説明されました。
あさけん 本人|38歳発症|2008年のおたより 発症時、発熱と嘔吐で通院しインフルエンザの疑いで点滴。熱は下がりはじめるが、嘔吐は止まらず。翌日、また発熱し再び点滴。点滴すると熱はさがる。 その翌日も通院し点滴。点滴中に意識がなくなり、激しい痙攣を起こしたらしい。すぐに抗ウイルス剤を投与(主治医が前年まで大学病院の緊急救急科にいたため、脳炎の事をよく知っていた) 投与しながら救急車で大学病院に転送。2日後意識がもどるという内容です。 自分自身は「病院て点滴して、気持ち良くなり寝てしまった。目が覚めたら違う病院にいてた」という感じです。(家族には、このまま意識が戻らない事もある。との説明があった様です)

みくちん 本人|30歳発症|2006年のおたより 土曜日のある休日・・・毎週、土曜日に掃除を必ずしていました(普段仕事でできないので)でも、その日だけ体が動かず、頭痛がしたので鎮痛剤を飲んで治めようとしました。午後になってもだるさと頭痛は治らずグッタリというような感じでした。その日の夜、旦那に時間外の診察に市民病院まで連れていってもらいました。←なんだかいつもと痛みが違うような気がしたので・・・。→ 続き

キラリ 本人|27歳発症|2005-06年のおたより 入院1か月位前から40度近い熱が3日ほど続いたのですが、気分はそれほど悪くはなく、やや無理をしてバファリン飲んで仕事もしておりました。その後やや熱は下がり、38度5分位の熱が2週間以上続いたので、ちょっと長いのでいままで経験したことのない不気味さを覚え、近くの病院を受診したのですが、風邪であろうとの診断で風邪薬を処方されました。その後も症状改善せず、記銘力低下、不穏などの症状が出現し、同僚に付き添われて、救急病院に、搬送され、入院となりました。→ 続き

こう 家族|56歳発症|2004-05年のおたより 自分の父は10月17,18日に頭痛がするので家で寝ていました。19日になっても頭痛が治まらないので朝かかりつけの病院に行き診察をしてもらい、そのまま仕事(営業)に行きました。夜の9時ごろになっても帰宅しないので家族皆で「おかしいな」と思い携帯電話に掛け「何時頃家に帰ってくる?」と聞いたところ「今○○にいるからあと何分で着く」と言っていました。夜中12時になっても帰らないので父と連絡を取り待ち合わせ場所まで迎えに行きましたが父は来ませんでした。→ 続き

ナオ 本人|24歳発症|2002年のおたより 今年の年明け早々、風邪を引き、治りかけては仕事へ行き悪化し休んでは仕事し。。 この調子で1~2週間ほど経ったある日、とうとう動けなくなりました。意識不明になり救急車で運ばれ2日程、意識不明のまま高熱が続きました。 診断は当時流行っていたインフルエンザではなくヘルペス脳炎。原因は不明とのこと。。

みいー  家族|50歳発症|2002年の体験記2002-11年のおたより 2. 緊急入院 」 をご覧ください。

MA 家族|30代歳発症|2001-02年のおたより 急に高熱を出し、近所の医院や市民病院でも「風邪でしょう」「ストレスから来ている一時的なものでしょう」などのよくある診断をされ、意識が混濁して来ている様子を説明しても、よく解ってもらえずに1週間を自宅で過ごしてしまいました。→ 続き
muro 本人|27歳発症|2001年のおたより 過労がたたって27才の時に風邪をこじらせて2日程寝込みましたが、いっこうによくならずついにギブアップ。一人では食事もままならず、車で2時間のところに住んでいる自分の親父に電話でSOS。もー夢遊病者状態です。 すぐさま1件目の医院へ。そこでだめとわかり、紹介状をたずさえ、某市民病院に駆け込んだのです。即入院。病室はICUらしかったです。
▲ page top