小児期の急性脳炎・脳症 - News

脳炎などの原因ウイルスの感染経路を発見、抗体開発に道 神戸大学院の研究グループ

(2013年05月14日 MSN産経ニュースwest より)

急性脳炎を起こすこともある乳幼児の突発性発疹症の原因ウイルス「ヒトヘルペスウイルス6B(HHV6B)」が感染する際に、ヒトの細胞に入り込む部位(受容体)を、神戸大大学院の森康子教授(臨床ウイルス学)の研究グループが解明し13日、発表した。米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。


部位はヒトの免疫機能にかかわる白血球の一種、T細胞の表面にある「CD134」と呼ばれる受容体で、HHV6Bの受容体を発見したのは世界初。抗ウイルス剤などの開発につながると期待される。


HHV6BはT細胞などの免疫細胞に感染することが知られていた。森教授のチームはHHV6Bの表面にある糖タンパク質複合体が感染にかかわっていることを突き止めた。その後、これらの糖タンパク質をT細胞と接触させると、CD134と結合していたことを確認した。さらにCD134の働きを抑える処置をしたところ、ほとんど感染しなかった。


森教授は「今後は、発症に至る具体的なメカニズム解明が課題。CD134の結合を防ぐ抗体などを開発できれば、脳炎の予防や治療に道が開ける」と話している。



子どもの急性脳炎 4人に1人がインフルエンザ脳症
岡山大大学院の森島教授らが全国調査

(2008年04月22日 山陽新聞より)

種別ごとの患者の割合や死亡率など全容がはっきりしない子どもの急性脳炎・脳症のうち、インフルエンザ脳症の比率が4人に1人と最も高く、ロタウイルス脳症では後遺症が生じやすいことが、岡山大大学院の森島恒雄教授(小児医科学)らによる全国調査で分かった。25日から東京で開かれる日本小児科学会で発表する。


森島教授は「アンケートの回答率からすると、年間約1000人の子どもに急性脳炎・脳症が起きていると推測される。今後、インフルエンザ脳症の治療法が他の脳症にも効果があるかどうか調べたい」としている。



▲ page top