小児期の急性脳炎・脳症とは?

急性脳炎は脳実質の炎症(血管周囲の細胞浸潤、壊死、グリアの増殖)に起因する病態であり、急性脳症は非炎症性の脳浮腫を主体とする病態です。しかし、臨床的には感染を契機に発症し、急激な経過で意識障害、けいれんのどの中枢神経症状を呈する場合に急性脳炎か急性脳症か鑑別ができないために、これらの病態を総称して急性脳炎・脳症(急性脳症)と呼んでおります。
急性脳炎・脳症はウイルス感染( インフルエンザウイルス, 突発性発疹ウイルス, ロタウイルス, RSウイルスなど )を契機に発症します。急性脳炎・脳症の臨床、病理、検査、画像所見にもとづいて、急性脳炎・脳症を3群に大別されています. 大阪市立大学医学部附属病院 小児科・新生児科 - 診療 > こどもの病気 より )

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

▲ page top