小児期の単純ヘルペス脳炎 - 初期症状

成人の単純ヘルペスウイルス脳炎と異なり、多くは 発熱とともに急激に発症 します。神経の症状としては けいれん、意識障害、構音(こうおん)障害 (言葉が出にくい)などが多いです。しかし、小児期の他の病因に比べても、単純ヘルペスウイルス脳炎に独特な症状はありません。この時「口唇ヘルペスや口内炎」を同時に起こしていることはまれです。発症年齢は6歳未満が多いですが、小児期のどの年齢層にもみられます。流行性はありません。

しばしば再発するので、退院後も注意深く症状を見守りましょう。
単純ヘルペスウイルス脳炎(小児) - gooヘルスケア より )

みなさんからの情報

ひろこ 本人|13歳発症|2008年のおたより 私は13歳の時、発熱をだし、けいれんをおこし救急車で運ばれたところ「単純ヘルペス脳炎」と診断されました。最初は自分の名前や知り合いの名前、名詞の名前を全部忘れてしまう言語障害になりました。 → 続き
スーさん 家族|4歳発症|2005年のおたより 私の長女が昨年10月16日、突然の痙攣に襲われ、そののま緊急入院、診断の結果は2ヵ月後にヘルペス脳炎と診断されました。あっと言う間に4ヵ月がすぎてしまい、私も妻もつかれてしましました。
みこ 家族|1歳7ヵ月発症|2004年のおたより 39度前後の発熱が1週間以上続いた後、入院した病院で痙攣を起こし意識不明になりました。痙攣の後すぐにCTをとったのですが、その時は異常がありませんでした。念のため脳圧を下げる薬と抗痙攣剤の投与、酸素吸入、熱を下げるため身体を冷やす処置をしました。 次の日もう一度CTと髄液の検査をし脳炎を起こしていることがわかりました。脳炎を起こしたウイルスはまだわかっていませんでしたが、抗ヘルペスウイルス剤の点滴が始まりました。3日位で熱が下がり始めとりあえず目をあけました。その後は意識の戻り方が悪くステロイドも投与しました。
megumi 本人|10歳発症|2002年のおたより 風邪だと近くの医者に診断され、家で療養していたのですが、その日の午後10時ごろ、意識不明になり、吐血を2回して入院しました。入院した病院では原因がわからず、大学病院に検査してもらったとのことで、髄膜炎も併発しているとのことでした。1ケ月の入院をへて、後遺症もなく、今では看護学校に通っている30歳のおばさんです。
▲ pagetop