小児期の単純ヘルペス脳炎とは?

単純ヘルペスウイルス (1型と2型があり、口唇(こうしん)に小水疱(しょうすいほう)ができる口唇ヘルペスなどを起こします。 脳炎は1型がほとんど )が脳の中に侵入し、神経細胞などで増殖して、神経系の細胞を破壊する病気です。したがって重い神経症状が出現し死亡に至ることもあり、後遺症を残すことも多い怖い感染症です。  

小児の急性の脳炎・脳症としては、インフルエンザ脳症などが知られています。ウイルスが脳で増える「脳炎」としては、この単純ヘルペスウイルス脳炎が最も頻度が高く、小児では年間約50例が発症していると考えられています。 単純ヘルペスウイルス脳炎(小児) - gooヘルスケア より )

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

▲ page top