新生児期の単純ヘルペス脳炎 - News

生後11日の赤ちゃん、ママのキスで死亡 英国

2009年02月27日 AFPBB News より
英国で生後11日の赤ちゃんが、母親のキスか授乳が感染経路となってヘルペスを発症し、死亡する事件が起きた。
26日公表された検視結果によると、ジェニファーちゃんは単純ヘルペスウイルス(Herpes Simplex Virus、HSV)に感染していたことが明らかになった。
母親のルースさん(35)が妊娠中にウイルスに感染した可能性があるという。ルースさんにとっては初めての感染だったため、母子ともに免疫を持っていなかったとみられる。
ルースさんは出産の数日前にかぜのような症状を示し、数か所の口内炎で治療を受けていた。ジェニファーちゃんは、生後しばらくして容体が悪くなり、眠たそうで乳も飲まなかったため入院。臓器不全で数日後に死亡した。
検視官は、感染を発見できなかったことは誰の責任でもないと述べた。
ルースさんは現在、事件の再発を防ぐため啓発活動に取り組んでいる。ルースさんによると、英国では同様の事例で年間6人の赤ちゃんが死亡しているという。(c)AFP




▲ page top