新生児期の単純ヘルペス脳炎(新生児ヘルペス中枢神経型) とは?

  1. 1. 発症病日は,多くは生後3週間以内である.
    2. 初発症状としては発熱,哺乳不良,活気の低下などの非特異的症状を呈する.
    痙攣は初発時の約25%に見られる.
    3. 続発症状として易刺激性,大泉門膨隆,局所性或いは全身性痙攣,弛緩性或いは痙性麻痺などの神経症状を呈するが,全身型に見られる全身症状は少ない.
    4. 皮疹や口内疹は診断の参考になるが,全例には見られない.
    5. 母親の性器ヘルペスの既往は25%にすぎない.

単純ヘルペス脳炎診療ガイドライン - 日本神経感染症学会より )

病原体解説リンク集

病気解説リンク集

▲ page top