退院後の生活 - 急性期病院からの転院・退院

みなさんからの情報

あこ 単純ヘルペス脳炎|家族|39歳発症|2014年のおたより|九州地方在住 色々と出来ない事もあり、本人もショックを受けていましたが、1ヶ月半程で高次脳機能障害を対応出来るリハビリ病院への転院が決まり頑張って行こうとしていた矢先、転院の数日前から不調を訴えるようになりました。 → 続き
2010年 アンケート調査結果より
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|30代(2年前)発症|身体 :2級, 年金 :2級 この病気になって初めて、いろいろな制度のことを知りました。人によると思いますが、我が家の場合、健康な時は"のほほん"と生きていたので、何も知りませんでした。突然病気になって、慌てましたが、教えてくれる人はいないので、自分で調べるしかありません。今はインターネットでいろいろと調べられるからまだいい方なのかもしれません。
障害者手帳の申請、税金の控除の手続き、重度心身医療費の請求、生命保険の請求、職場の病休の申請、障害年金の申請、その他いろいろ。本当にたくさんあって大 変です。また、病院のソーシャルワーカーや役所や保険会社の人に聞いても通り一遍のことしか教えてくれないので、いろいろな点で損をしたように思います。家族は病気のことで頭がいっぱいで大変なのに、家族に本当に親身になって、一番最適な方法 を教えてくれる親切な人はいません。だから結局いくらかの損をしながら自分たちでするしかありませんでした。
要するに今の社会は、弱者にとても冷たいということを肌で感じました。今の日本の福祉はまだまだ低レベルだなと思います。悲しいですが、これが現実なのですね。

単純ヘルペス脳炎|家族|50代(7年前)発症|身体 :1級 長期療養型病床が減らされる中、医療にも行政にも救われない人が増えているように思います。幸運にも父は2度目の転院の時に入院費さえ滞らなければ一生暮らしていける病院へたどり着きました。(脳炎の後遺症が酷すぎて投薬治療が日々変化するため)おかげで私は仕事を辞めずに稼ぎに出られました。しかし、家で24時間密着介護を強いられる人はどうでしょう。金銭面的にも追い詰められていくように思います。
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|20代(6ヵ月前)発症|身体 :2級 病院での治療後の転院先もまだ若い為、介護型の病床に入れず、療育型の病床がある受け入れ先がなかなか見つからなかったのも困りました。
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|20代(2年前)発症 自立支援医療制度も障害年金も手続き中です。退院後のリハビリ病院や精神科での受け入れ先の困難。高次脳機能障碍に対する受け入れ施設や制度が不足していると思います。
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|30代(5ヶ月前)発症 リハビリをする時期だと言われましたが、発症から2ヶ月以上たってるという理由で、ほとんどのリハビリ病院から断られました。あと、徘徊や意志疎通が難しいなどの問題で断られたようです。 最後に打診したリハビリ病院は、家族との面談があり、私が今までの経緯を説明しました。そして、受け入れてくれたのです! 本当に嬉しかったです(*^^*) 只今、リハビリ病院に転院でき、初日は一睡もせずに声もあらあげてたらしく、心配しましたが、今は穏やかに入院生活を送っております。リハビリも、かなりスロースピードですが、少しずつ進んでおります。

M&M ムンプスウイルスによる辺縁系脳炎|家族|30代発症|2010年のおたより パパは、脳炎後遺症、高次脳機能障害、症候性てんかんが残存しました。 病院退院後は、自宅療養、通院リハビリを頑張りました。 しかし、小さな子供もいて、生活に限界がきたことと、集中的にリハビリを受け職場復帰したいと思い、県外のリハビリ施設にパパは入所中です。

ふみえ 単純ヘルペス脳炎|家族|60代発症|2010年のおたより|東海地方在住 母も心身ともに疲れ切ってしまい、受け入れてくれる病院を探していますが、全く見つかりません。 精神病院を紹介され、電話してみると「精神の異常じゃないから」と断られ、リハビリ病院に入院させても、動き回るため面倒をみきれないと断られてしまいます。 今は、ソーシャルワーカーさんに相談し、1週間に1度ショートステイをさせていますが、このままでは母が倒れ、家計も破産してしまいます。 どうしたらいいのでしょうか?

くによ 単純ヘルペス脳炎|家族|70代発症|2010年のおたより|九州地方在住 5ヵ月前に救急病院よりリハビリ病院に転院。先月より病院に併設されている老健に入所。 病院では、日に3回のリハビリを受け歩行もでき少しずつ認知面も回復し、最近では、ずいぶん話しもできるようになっていました。ただ、リハビリが減り、歩行も前かかがみにすり足になっていたので、老健に行った折には、足をもんだり、いっしよに歩いたりしてました。 リハビリを3回していた時は、手足も今のようには腫れていませんでした。
老健にちょうど3ヶ月たったころ空室があるので入れましたが、ヘルペス脳炎は3ヶ月と決めるのでなく症状を見ながらしっかりリハビリができるようにならないのかと歯がゆい思いです。

かじかじ 単純ヘルペス脳炎|家族|68歳発症|2010年のおたより|東京都在住 父が発症して3ヶ月が過ぎました。 今も自らの意志で身体を動かす事もありません。 入院2ヶ月目からソーシャルワーカーさんと今後の受け入れ先を話し合いが始まり。 父は気管切開をしているので、探すのが結構大変でしたが、 幸い家から近くの病院の空きがあり入院が3ヶ月になる直前に、療養病院へ移りました。 移る前に障害者手帳の診断書・意見書を貰いました。
→ 続き
ナナハチ 非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|58歳発症|2009年のおたより リハビリセンターへの転院を進められ、紹介されたリハビリセンターへ話を聞きに行くと、リハビリではなく精神科に入って下さいとの事。病院の話だと、父はリハビリするレベルまでに達していないと言うのです。だけどその「レベル」というのは、リハビリをして初めて上がって行くものなのでは?と私は思うのです。 → 続き
さちえ 細菌性髄膜炎|家族|53歳発症|2006年のおたより 入院時は本人自身、何で起きれないか歩けないのか分からなかったのが、退院してから頭がふらつき体に力が入らないため歩けない事が自覚出来る様になりましたが、6ヵ月のリハビリを経てもあまり改善されず現在に至ってます。 主人の後遺症は聴覚障害〔左全廃、右30dB〕、平衡機能障害による歩行不能です。 → 続き

クロ ヘルペス脳炎|家族|31歳発症|2005-06年のおたより 脳のスキャンを昨日行ったのですが、いままでのMRIではきれいな状態だったのですが、今回、脳の萎縮が見られるとの事で心配です。 主治医から、「うちの病院ではもう出来ることは無いので○○の病院に転院して欲しい」との事です。 → 続き

急性期病院からの転院・退院

▲ page top