生活上の注意 - 妊娠・出産

解説リンク集


みなさんからの情報

2013年 大阪集会 G. 妊娠について 庄司先生のお話やそれぞれの皆さんの現在の状態から、今後の将来(人生設計・妊娠)についての考えを交流しました。抗NMDA受容体脳炎の患者さんでも卵巣奇形腫が見つかり治療した方は卵巣の手術による妊娠への影響について相談をしていました。 また、卵巣腫瘍の見つからなかった方は現在服用している薬をいつまで服用するかについて話を聞きました。 → 続き
2012年 東京集会 C. 再発・妊娠について 最近では、抗てんかん薬でも、妊娠中に服用しても、従来の薬よりは安全なものがある。というお話を伺い、今、妹が服用している薬の種類は、比較的に安全な薬で、あとは量を減らせば問題無いだろう。と席についてくださった先生から教えてもらえる事も出来ました。 → 続き
そう 非ヘルペス性辺縁系脳炎|本人|30歳(2年前)発症|2010年のおたより 自身は、倒れて入院中は点滴と投薬で治療を受け、2ヶ月後に退院し、現在は仕事が失った、家でウロウロして います。 以前まで、順調に回復していますのに、先週、痙攣が頻繁にあって、心配になりました。 私は子供がほしいです、自分回復しましたら、こどもを産もうと思っています。 今、私の状況で子供を産んでも大丈夫ですか。まだ薬を飲んでいますけど。 教えてください。
はな
単純ヘルペス脳炎|本人|1歳(25年前)発症|2009-12年の体験記   こんばんは☆皆さんにご報告いたします!! 今日、病院に行ってきたんですが・・・妊娠2ヵ月目に入ったばかり。とのことでした(^^) 産まれてくるまで、ケイレン止めの薬との格闘です(^^;) 大発作が出ない程度に薬の量を減らしたほうが良いみたいで・・・ またココでも相談にのってもらうかと思いますが よろしくお願いします!!
 ↓ 1ヵ月後
夜分にスミマセン。ツワリでほぼ1日中眠たいんで夜は逆に目がさえてきちゃってます(^^;) 今日、産科の検診に行ってきたら、すでに頭と手が見えてきていました! まだまだ不安のほうが大きいのですが、大きくなてきている子を見ると、「とにかく無事に産まれてきて!!」 と思うようになっています。明日は神経科の診察なんですが・・・。もう少し薬の量が減るみたいで、正直恐いです。ケイレン止めのテグレトール自体、軽い薬だから私の出来る範囲で最低限減らして行こうねと言われてはいるのですが、100ミリ減っただけで軽い発作の量が倍以上になってるので・・・。 薬を飲み始めて12年になります。1歳の時に脳炎が完治したと同時に発作も出なくなったのですが、思春期の時に発作が出始めたんです。飲み始めてすぐは、薬の量、種類、共に合わず大きな発作が出ていたんですが、薬の調整のために入院しました。ある程度自分に合う薬が分かって大きな発作は出なくなりました。でも、高校卒業するまでは精神状態も不安定な時期だったので固定されていませんでした 結婚が決まった時に、担当医が将来妊娠もするだろうから…という事でテグレトールのみを飲むようになってました。薬を減らして1ヵ月なのですが、とりあえず様子をみてみます。あと2ヵ月は同じ量になりそうなので。
 ↓ 1年3ヵ月後
子供が産まれてから、育児やママさん達との交流でココにはお邪魔できないでいました。息子は今8ヵ月。ケイレン止めの薬の影響で口蓋裂という先天性の障害を持って産まれてきました。私の担当の先生は、障害を持って生まれる可能性は低いから!っと言っていたのですが、最近、妹が通う精神内科の先生が、ケイレン止めは一度に飲む量が多いから、薬を飲んでいる人たちでとった確率は物凄く高いと言う事を知りました。でも!産んだからには育てるしかないんですよね?! 今年11月に手術をする予定です。口蓋裂は手術すれば見た目には分からないくらいに完治するみたいだから。
natsu ウイルス性脳炎の疑い|本人|22歳発症|2006-2011年のおたより 母から連絡が行ったかと思いますが、妊娠しました! 今11週に入りました。 先生にゆくゆくは欲しいと結婚してから話していて葉酸をプラスしてもらってましたが、実際に子作りをしていいとは言われていず薬も三種類のままでしたが、どうしても自分の体も信じられず、いつか薬が減るっていつ!? 仕事再開したらどうせまた増える一方なら若いうちに産んだ方が良いんではないかと思い込んでたのもあり、ほぼ計画的のような感じで出来てもおかしくない状態をつくってました。 そんな簡単に出来ないだろうというのと裏腹に今月は?という思いで毎月過ごしてましたが仕事を始めてすぐ体調の変化に気づき妊娠が発覚しました。 仕事は内容が力仕事だったのと、薬を減らすので休職という形をとりました。 → 続き
くーみん 単純ヘルペス脳炎|本人|25歳(6年前)発症|2004-11年のおたより 症候性てんかん、記憶障害 私はあれから子宮頸がんを患い初期だった為、円錐切除術で子宮を温存する事ができ、7月には出産する予定です。 以前、私の主治医が「妊娠すると軽い発作状態のあの嫌なにおいやデジャブー(既視感)のようなものは無くなる」と言われましたが、妊娠がわかってから今日まで何度となくあの嫌な感じに襲われ、全く何もなかったのは2月の月だけでした。今月も始まって間もないですが、昼夜問わずに何度もあの状態になります。毎日忘れずに薬の服用(デパケンR 200mg×朝晩2錠ずつ)はしているのですがダメですね。 (2010.03) → 続き
ゆおり
脳炎|本人|?歳(4年前)発症|2004年のおたより 現在は普段の生活には一応支障がなく仕事もしています。 ただ、時折起こる痙攣発作を抑えるため、毎日飲んでいる4種類の薬は欠かすことができない状態です。
最近結婚を考える相手ができ、主治医に妊娠のことについても相談してみました。先生は真剣に相談には乗ってくれ、経過を見ながら少しずつ薬を減らしていこうということになりました。しかし、薬をすべてやめることはできず、障害児が産まれる可能性が健康な母体よりも高くなるのはどうしようもないということでした。子供はほしいですが、私が産んでよいのか、我慢すべきなのでは?と今はまだ迷っている所です。
なおみ 再発性髄膜炎|本人|21歳・23歳・25歳・29歳発症|2002-05年のおたより 私は過去四回髄膜炎を再発して、特に今は薬を必要とする後遺症はありませんが、喘息も持っているので喘息の治療をしていて、薬は続けています。 実は私は今妊娠5ヵ月ですが、結婚してから今7年目で、初めて髄膜炎に罹ってから10年、最後の髄膜炎の再発から今ちょうど2年たった所です。子供を作ろうと勇気が出るまで、本当に本当に悩み、ずっと葛藤してきたので状況は違いますが、ゆおりさんのお気持ちの方は痛いほど共感できます。 → 続き
▲ page top