社会福祉・民間保険 - 障害年金

解説リンク集

News

みなさんからの情報

三宅貴夫
傍腫瘍性辺縁系脳炎 |家族|56歳発症|2010年の体験記|京都府在住 「認知症の妻の介護でみえたこと―介護家族と医師の視点から―」718KB
第10回 「在宅介護と家計」 -減る収入と増える支出- をご覧ください。

シーマン 小脳炎|家族|40歳発症|2002年の体験記2002-07年のおたより 申請にはかなりのエネルギーが必要です。発病の日の特定、その受診した医療機関の証明、発病から申請までの申立書の作成、当然診断書、在学証明、所得証明、戸籍等いっぱいです。社会保険事務所を訪ね、手続きを1つ1つ進めていくほかありません。(2002.07)

しづさん ヘルペス脳炎|家族|53歳発症|2002年のおたより 主人は会社勤務だったため傷病手当が18ヵ月間出ました。その間は、障害者年金の申請をすることはできません。傷病手当が切れたあと、社会保険事務所へ出向いて、主人の場合は精神科医の診断書と就労状況等申立書(できるだけ詳しく書いて)を揃えて提出しました。

2010年 アンケート調査結果より
非ヘルペス性辺縁系脳炎|本人|30代(2年前)発症|身体 :2級, 年金 :2級 自分は、今、障害年金を申請中です。3月初めには診断書を提出しましたが、まだ結果はでていません。 自分の後遺症は体幹障害による歩行障害と構音障害と高次脳機能障害なので、「身体用」「言語用」「精神用」の3枚もの診断書を出すことになりました。障害年金の手続きはその他にもいろいろ書類を出さなくてはいけなかったのでとても大変だったそうです。 → 続き
非ヘルペス性辺縁系脳炎|家族|30代(1年前)発症|精神 :2級, 年金 :3級, 自立 病後、呼吸が出来なくなるような痙攣発作(てんかん発作)が治まらず、本人に前兆などの意識も無い為、一人にしておくことができず、24時間注意していなければならない為、夫は就労できず生活費に困窮している。

▲ page top