ヘルペス脳炎・周辺の脳炎後遺症のアンケート調査結果

調査概要

調査目的
後遺症単純ヘルペス脳炎などの辺縁系脳炎の患者さんやご家族が感じている後遺症を把握し、今後の治療への手がかりとするため。
社会福祉急性期治療が終わってからの患者さんやご家族の生活実態 (経済的問題・日常生活・就労など)を把握するため。
調査対象
病名ヘルペス脳炎
(単純ヘルペスウイルス、帯状疱疹ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルス6型を含む)
非ヘルペス性辺縁系脳炎
(ウイルス性辺縁系脳炎、抗NMDA受容体脳炎など)

年齢発症時の年齢が18歳以上
発症時からの経過年数現在(現在、急性期で入院されている方は除く)~ 約10年
調査期間
2010年2月17日(水) ~ 2010年5月20日(木)
調査方法
調査について同意が得られた患者さん、または、ご家族に、郵送またはメールにより送付。回答後、郵送またはメールにより回収。
調査内容
・急性期の診断・治療について
・退院後の生活状況について
・後遺症について
・後遺症の治療について
・医療機関の対応
・社会福祉制度について
回答者数
回答者数

ヘルペス脳炎・周辺の脳炎後遺症の調査結果

▲ page top